医者と患者の枠にとらわれず信頼できる関係をモットーに地元に密着した診療活動を行っています

理事長のひとくちコラム2

家庭血圧測定のすすめ

 

 当クリニックに限らず、内科の開業医を訪れる患者様で一番多いのが、やはり、高血圧の方でしょう。
 高血圧がなぜいけないのかと言うと、くも膜下出血のような、突然発症する重篤な病気の原因になることはもちろんですが、長い間血圧が高いままだと、脳・心臓・腎臓等の主要な臓器に血流が慢性的に足りなくなり、その為酸素不足により各臓器の傷みが早くなるからなのです。

 心筋梗塞や脳卒中は早期に発症しやすいということは知られていますが、その原因のひとつが「モーニングサージ」と呼ばれる、早期の一過性の血圧上昇なのです。

また、自宅では血圧は正常なのに診察室で計ると血圧が高くなる「白衣高血圧」の患者様も結構な割合でいらっしゃいます。

 このように、クリニックで計る随時血圧だけでは、その人の一日の内での血圧の変動は十分に把握できないので、携帯用の血圧計(できれば上腕部にマンシェットを巻くタイプ)で家庭血圧を計り、その記録を主治医に見てもらい治療方針を決定してもらうことが、大変重要になるのです。

 当院では、多くの高血圧の患者様に家庭血圧を計っていただき、そのデータを元に、適切な降圧薬の選択や服用のタイミングを決めていく事をモットーにしています。

 

 

 

   医療法人 若倉診療所 〒221-0802 神奈川県横浜市神奈川区六角橋6-30-17 NSビル3F

   TEL:045-491-0567  FAX:045-534-3567

 

| HOME | 理事長の紹介 | 当院の医療設備 | アクセス | 健康診断 | 予防接種 | 主な紹介先病院 | コラム1 | コラム2 | コラム3 | 個人情報保護方針 |